HOME>イチオシ情報>大事な会議や打ち合わせの記録は外注した方が便利
キーボード

時間と手間の節約になる

テープ起こしを外部に依頼するメリットはたくさんあります。まずは時間の節約が一番の利点になります。講演会・会議などでテープ起こしを自分でやるのは時間がかかります。コストをかけても外注することで、時間を本業にあてられます。外注するならセキュリティーが不安かもしれませんがその点は安心です。暗号化されたデータでやり取りする際はセキュリティチェックを実施している業者も存在します。不安ならセキュリティー対策に力を入れている業者がいいでしょう。外注する方がより専門性の高い業者が見つかりやすいです。特に専門性の高い内容は素人では期待の仕上がりにならないケースもあります。一方でテープ起こしサービスは品質の高い技術者を抱えています。得意分野をふまえてアサインするので、最適な業者が見つかります。

議事録をスピーディーに作成

会議の議事録は次のステップに進むための重要なものです。その会議に出られなかった人が確認することで他のペースと同じに戻って業務を行えます。議事録を早く仕上げたい場面は多く発生するでしょう。会社で議事録作成者が存在する場合、その人が会議に参加できなくなるデメリットが発生します。テープ起こしを頼むことでこれらのデメリットはすべて解決します。即納品可能な業者なら、会議のデータを送ったその日に仕上げてくれます。会議終了と同時に外部に公開する必要がある株主総会にも役に立ちます外部のスタッフが会議に出向けば、その場で議事録を製作して会議終了後に頒布することも可能です。

広告募集中